Home > 2013年07月

2013年07月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

2013 夏期休業のおしらせ

  • Posted by: Floral Design ミルクルール
  • 2013-07-29 Mon 23:33:13
  • 未分類
2013 SUMMER
夏期休業のおしらせ



8/5〜8/14  夏期休業をいただきます。

メールは見ております。何がお急ぎの件がございましたら

ホームページ http://www.mille-c.net
の、CONTACTよりEMAILにて
ご連絡下さいますようお願い申し上げます。 

どうぞお健やかに今夏をお過ごしくださいませ!!

We will be on summer holiday from Aug. 5th to Aug. 14th.

In case of contacting us, please access to our HP ( http://www.mille-c.net )
and send an e-mail through "CONTACT" page.

Have a nice summer to you all!

Regards,

MILLE COULEURS
MASUMI SASAKI

7.29.2013



summer holiday

盛夏のアレンジメント

July 29th 2013




今日は御祝いのお花をいけました。

2種の向日葵をメインに、翡翠色の山帰来の実をたっぷりと、お祝いの喜びの気持ちのように伸びやかに。
そして、木苺の葉脈の陰影が美しいグリーン、ワントーン明るいグリーンの紫陽花が、向日葵の色彩をさらに引き立てて、盛夏のころの贈り花に仕上がりました。

向日葵は、「ゴッホのひまわり」「ムーランルージュ(ココア色の方)」という品種。

この他にも今朝の市場では、「モネのひまわり」「マティス」など、ニュアンスのある面白い向日葵と会えました。セザンヌ、マネ…などもあるそうです。

生産者の方の品種改良の努力と粋なネーミングのセンスを感じますね。 
洋風なのに、日本酒のような渋い名前がついている植物も時々あります。
仕入れが終わっても、植物と名前を見ながらついつい長いしてしまう、花市場...。

向日葵は、夏の太陽のよう。
コロンブスの「新大陸」発見後に、ヨーロッパへ伝えられ、伝播した地域ほぼ全てで「太陽」と結びつけられている花。 太陽信仰と結びついて神聖なお花として崇拝されていた文明もあるそうです。

夕方、お花をお届けしました。
まさに!  向日葵のような素敵な笑顔の方がこのお花を受け取ってくださり、贈り主の方のお気持ちがお花を通じて伝わった瞬間をしっかり感じることができました!
元気パワーあふれる夏の太陽の花 ー 向日葵のパワーを感じながら、私も笑顔の帰り道でした。


MASUMI


ヒマワリ



Flower Lesson & PinoSalice July

Flower Lesson & Pinosalie
July 7th, 2013


先週の日曜は、ピノサリーチェでのフラワーレッスン7月の会
テーマはトロピカルフラワー。 

東京の梅雨明け宣言後最初の日曜は、いきなりの猛暑となりましたが
夏の到来を感じながら、南国リゾートの風を感じるような、涼やかな花生けを楽しみました。

今回の花生けのポイントは、アレカ椰子のグリーン
みなさん、それぞれ工夫をこらして十人十色、カットしたり、花器の下に敷いたり。

梅雨明けと共に、植物と旬なメニューから、夏到来を楽しく感じられる日曜の昼下がりとなりました。

レッスンは、8・9月とお休みをいただきます。
10月6日「 初秋のドライアレンジ・キッチンスワッグ」にて
またお目にかかります! 

レッスン後の毎回のお楽しみ、赤松さんのドルチェメニューはこちらです!
完熟マンゴーやバナナと、ブルーチーズの組み合わせは、新しい味覚の出会いでした。

ーMENUー

トロピカルフルーツのムーストルタ(パッション・パイナップル・バナナ・オレンジ)
トロピカルフルーツとチーズの盛り合わせ(ゴルゴンゾーラ(伊)・サンタンドレア(仏)・マンゴー・パパイヤ・バナナ)

ゴールデンキウイのジェラート ジン風味とココナツのメレンゲ
パッションフルーツのスプマンテ


_MG_8458.jpg

生徒さんの作品です。
アレカ椰子の葉は、ヨットの帆をイメージしていらっしゃるそうです。
グロリオサの花びらが、まるで波のよう。 素敵な表現です☆

_MG_8438.jpg

お悔やみのお花

July 3rd 2013


今日はお悔やみのお花を生けて、関西へと送りました。

私へお花を依頼してくださる方は、お花屋さんも持っていないですし、個人的な友人知人が多いのですが
「お悔やみのお花なんだけど、いいかな?」
「お悔やみの時ばかりでごめんね」と最初に言われる事が多いです。

でも、お花を生けることを職業にしていて、お悔やみのお花を生けることは
使命にすら感じていますので、むしろ依頼してくれてありがとう、という気持ちでいます。

以前、私の祖父が亡くなった時、すぐに行かれず仕事が休めず、訃報を聞いたまま花市場へと仕入れに出掛けた朝がありました。 

市場の中で色々と植物を見て歩きながら「あ! このお花きれい」と思った瞬間(白百合でした)

なぜか急に涙がツーッ、ポロッと頬を伝って落ちたのです。 
自分でもびっくりして…

祖父の死の悲しみを今は心の隅において仕事に専念しよう!という
私のどこか強がって、閉ざした心の鍵を
お花に心を開いた瞬間に、優しく開けられたような感じでした。
その百合を買って、祖父との想い出を思いながら自分のために生けて、心が少し落ち着いたのを今でも憶えています。

そんな経験から、お悔やみのお花は、故人の方へお供えするものでもありますが、
悲しみの中にいらっしゃるご家族の方の心へ、少しでも癒しとして伝わればと思い
さらに心を込めて生けるようになりました。 

お花の癒しのパワーをしみじみと、ひしひしと感じられるときは
心が少し弱っていたり、和みを必要としているときなのかもしれませんね。

MASUMI

お悔やみのお花 7.3.2012






個展オープニングパーティの御祝い花

July 2nd 2013



今日は、西麻布のとあるアートギャラーで開催されているドローイング展への御祝い花をお届けしました。
今週いっぱいの個展の期間中、ギャラリーを訪問されるお客様をお迎えできるよう
日持ちの良い花材(タニワタリ・アンスリウム)でシンプル & 印象深い美しさを放つよう、生けてみました。

タニワタリは、今回、産地が沖縄の大きく長いものを生けましたが、このウネウネ!この躍動感! 
マスでたっぷりと生けると、迫力ありますね。 
不思議な美しいウェーブに、吸い込まれてしまいそうでした(^ ^;)
アンスリウムは、白とグリーンの2種を混ぜて立体的に。

白&グリーンの花色合わせが、心地よい季節ですね。
暑さ本番になるまで、あともう少しの時間…
白&グリーンの色合わせを、楽しみたいと思います!


MASUMI

ギャラリー 7.2.2013

お誕生日祝いにブーケ

  • Posted by: Floral Design ミルクルール
  • 2013-07-03 Wed 20:42:31
  • ブーケ
Birthday Flower!
June 26th 2013


先日、お誕生日の御祝いに、グリーンのシンビジュームだけでシンプルに、エレガントなブーケを作ってほしい・・・というご依頼で、ブーケをお作りしお届けしました。 

私にもだれかお花を贈ってくれないかしら…
仕事柄、差し上げることはあっても、贈られることがないのが残念です。

贈り花は、先様のご年齢、お好み、飾り方のTPOなどの情報も気に掛けますが、
もっともっと大切なのは、ご依頼主の方がどのような方で、どのような心でお花を贈るのか…。
お差し支えない範囲でお伺いして、お花のイメージを膨らませて花市場へ…

選ばれたお花たちは、その方を表現し、気持ちを代弁します。

グリーンのシンビジュームは、ご依頼主の方が一番好きなお花なのですが
まさにそのお花がとても似合うような、優美な紳士。
ご自身を表現したいお花をよく分かっていらっしゃり、スマートな花贈りをされる方だと思います。

Flower speaks more than words...

私の好きな言葉のひとつ。

一期一会の植物が私の手を離れて贈られる方へいくときに、心の中でつぶやく言葉でもあります。

素敵な記憶として、いつまでも心に残るような
素敵な花贈りのお手伝いを、これからもしていきたいなと思います。

MASUMI

グリーンシンビのブーケ

Index of all entries

Home > 2013年07月

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。